ソロモン リリーフ×カレコプロジェクト

カレコ・プロジェクトとは

衣料品のことをソロモンの言葉で「カレコ」と呼びます。

カレコ・プロジェクトは日本のアパレル、衣料メーカーなどの企業から利用されなくなった衣類などを認定NPO法人 日本救援衣料センターを通じてソロモンリリーフ・プロジェクトに寄贈していただき、ソロモンの震災復興のために役立てるプロジェクトです。

kaleko_image.jpg第一便は約5トンの新品夏物衣料が2007年6月上旬ソロモンに到着しました。

2.コンテナ開扉.JPG 3.荷物下し.JPG到着した衣料の一部は、2007年6月22~24日にソロモン諸島首都ホニアラで、同じく7月5~8日マライタ州アウキで行われる独立記念日のイベントでソロモンリリーフ被災地支援のチャリティとして販売されました。 slide0035_image023.jpg slide0048_image029.jpgまた6月26日~7月3日に亘り、在日ソロモン人が中心となり被災地を廻り、ビデオを使って地震や津波のメカニズムを説明したり、衣料を配るなど啓蒙活動を行いました。その後、第2弾のカレコプロジェクトとして10月にも衣料が現地に到着し、赤十字を通じて現地へ配布されます。
move.jpg slide0034_image049.jpg

カレコプロジェクトの詳細へ

支援プロジェクトの一覧へ