ソロモン・リリーフについて

2007年の4月にソロモン諸島ウエスタン州近郊で、マグニチュード8.1という大規模な地震と津波が発生し、甚大な被害を被りました。
その際にソロモン諸島を応援する有志による震災復興支援プロジェクトとして「ソロモン・リリーフ」が時限付きで発足されました。
当時、ソロモンに関与されている日本人の方々の組織の垣根を越えて、オールジャパンで支援を行なおうと(特活)日本救援衣料センターの協力をえて「カレコ・プロジェクト」を中心とした支援活動が行なわれました。

2007年カレコプロジェクトの様子01 2007年カレコプロジェクトの様子02

※2007年カレコプロジェクトの様子
 2007年度のカレコプロジェクトの様子はコチラから

また日本で暮らす在日ソロモン人の故郷も被災したことから在日ソロモン人も関与し被災地を廻って支援を行ないました。
それから4年後の2011年3月に発生した東日本大震災の時には、ソロモン諸島の人々から、多くの応援メッセージが寄せられました。
今回、今年2月6日に発生した地震は、大規模な災害には写りませんでしたが、現地の多くの人々は被災し、今も不便な生活を強いられています。
すでに、多くの緊急支援機関は、現地で支援活動を行っていますが、中期的な視点での支援も今後必要になってきます。
今回、再び(特活)日本救援衣料センターの協力をえて、改めてソロモン・リリーフ2013カレコプロジェクトを実施します。